私たちの目指すもの

 

 

現在、日本は世界有数の長寿国となっています。しかし、その実態は、男性で平均約9年、女性で約13年が、体力の低下により日常生活 に不便を感じながら過ごす期間となっています。

 

 このように高齢者の生活自立度を低下させる要因として、外科的には転倒およびサルコペニア(加齢による筋力低下)、内科的には脳血管障害および心血管障害が際立っています。近年、これらに対し高齢期もしくはそれ以前からの運動が予防的効果を持つことが科学的に証明されるようになりました。しかし、中高齢者の運動の場は十分に提供されているとは言えず、運動の指導者も不足しているのが現状です。

 

 元気アップAGEプロジェクトは、運動指導を通して健康づくりに貢献したいと考える熱意ある市民にサポーターとなっていただき、中高齢者およびさまざまな年代の人々の運動の場を運営することを通して、地域の介護予防・健康維持向上・青少年の発育発達に貢献することを目指します。指導者も参加者も地域在住者であるという特徴を生かし、運動を通じたコミュニティづくり、ひいては地域の活力にもつながる活動を行っていきたいと考えています。